NomuraBOT_mini

私は精神野球を嫌悪する。精神野球とは、気力・体力・知力のうち、前のふたつ、特に気力を重視する野球のことである

「気合だ!」「気合が足らん」現役時代、そう叱咤されるたびに、野村は釈然としない気持ちになった。「プロとして、そんなレベルの低いことでいいのか」と。気力や体力などというものは、プロとして持っていて当然。それを強調しなければならないようでは、プロとして情けなく、恥ずかしい。プロ失格と言ってもいい。いやしくもプロであるならば、知力を持って勝負すべき。

タグ:,

こちらの名言もどうぞ

野村克也 名言集

続きを読む

鋭い感性を持たない人間は、少なくとも持とうとしない人間は、絶対に一流にはなれない

野村克也 名言集

続きを読む

仕事とは何か? なぜこの仕事をしているのか? どんな人生を送りたいのか? こういった本質を考えることで、問題意識を持つ習慣が育っていく

野村克也 名言集

続きを読む

時間は平等に与えられるが、結果は平等ではない

野村克也 名言集

続きを読む

野村−野球=0

野村克也 名言集

続きを読む

夢は必ず叶う。叶わないのは努力が足りないからだ

野村克也 名言集

続きを読む

同じ失敗を二度も三度も繰り返す人間は、二流、三流にしかなれない

野村克也 名言集

続きを読む

念ずれば花開く

野村克也 名言集

続きを読む

記憶に頼るな、記録に残せ

野村克也 名言集

続きを読む

キャッチャーは9人の中で唯一、反対方向を向いている

野村克也 名言集

続きを読む

人間性を磨くことが、よい仕事につながる。人間性を磨くことが、人生の充実につながる

画面上部の赤いボタンを押すと名言をシャッフルできます