NomuraBOT_mini

感覚とは、感じて覚えると書く。覚えるとは、頭にイメージが焼きついたということである

現役時代の野村は、素振りをするときに聴覚に気を使った。「ブンッ」というバットの振幅音が聞こえるときは正しいフォーム、正しい力の入れ方ができているときだった。いったんその感覚をつかんだときは、すぐに実戦で試したくなり、早く明日になれと思った。寝床に入っても、眠ってしまったらこの感覚を忘れてしまうのではないかと不安になり、夜中に再びバットを振り始めたこともあった。

タグ:,

こちらの名言もどうぞ

野村克也 名言集

続きを読む

自分のセールスポイントは何か、その裏側にある欠点は何か。それを自覚しなければ、一流への道は歩けない

野村克也 名言集

続きを読む

「あるべき姿」を持たないままにいくら努力を重ねても、その努力は空回りに終わるだけ

野村克也 名言集

続きを読む

予感、予想、予測、予防……「予」を大切にせよ

野村克也 名言集

続きを読む

黙っていたら分からない。短い言葉でも人を感激させ、感動させることができる。まさに「言葉は力なり」。言葉がなければ、何も伝わらない

野村克也 名言集

続きを読む

チームに受け継がれていく財産が「伝統」という何事にも替えがたい無形の力になる

野村克也 名言集

続きを読む

キャッチャーは9人の中で唯一、反対方向を向いている

NomuraBOT_mini

続きを読む

あらゆる価値は相対性に基づいている

野村克也 名言集

続きを読む

弱いチームというのはたいがい、現場とフロントの意思疎通ができていない

NomuraBOT_mini

続きを読む

この社会は、日々、変化していく。変化の連続である。その変化をいかにして捉え、対応していくことができるかが、紙一重のところで勝負を分ける要因となる。あるいは、その人間の成長につながっていく。変化に対応できないものは、滅びるしかない

野村克也 名言集

続きを読む

試合をするな。勝負をしろ

画面上部の赤いボタンを押すと名言をシャッフルできます