野村克也 名言集

自信をなくし、円形脱毛症にかかった

現役を引退し、評論家活動をはじめた野村が、最初にぶち当たったのが言葉の壁だった。野球に関する知識や理論は誰にも負けないと自負していた野村だったが、それを一般の人たちにわかりやすく伝える術(言葉)を持っていなかったのである。「言葉を磨かなければならない」。そう悟った野村は、ジャンルを問わず手当たり次第に本を読みはじめた。

タグ:, ,

こちらの名言もどうぞ

野村克也 名言集

続きを読む

弱いチームというのはたいがい、現場とフロントの意思疎通ができていない

野村克也 名言集

続きを読む

世の中、一人では生きていけない。社会は自分の思い通りに動いてくれない。一人で生きていけない以上、人間関係をうまく作る円滑さや、他人の痛みを知ることを早く身につけさせたい

野村克也 名言集

続きを読む

チームのために戦うこと。チームを愛することは、人として生まれ生きていくうちに本来は自然と身に付いてくるべきもの

野村克也 名言集

続きを読む

「この監督の言うとおりにやっていれば必ず結果は出る」そのように思わせることが何よりも大切だった

野村克也 名言集

続きを読む

「キャッチャーは監督と似ている」と思っていることがある。それは、人の力を使って自分の理想を実現しなくてはいけないという点だ

野村克也 名言集

続きを読む

極秘事項は、どんな親しい友人にもしゃべってはいけない。自分の口から漏らしたことは、必ず広がる

野村克也 名言集

続きを読む

これは不滅だろ。オレにお似合いの記録やな。名を残す。汚名

野村克也 名言集

続きを読む

自分の持っているイメージと違うと、すぐ矯正しようとする。こんな上司のもとにいる部下は不幸

野村克也 名言集

続きを読む

鋭い感性を持たない人間は、少なくとも持とうとしない人間は、絶対に一流にはなれない

野村克也 名言集

続きを読む

「男と生まれてなってみたいものは、オーケストラの指揮者と連合艦隊の司令長官、それとプロ野球の監督である」という言葉がある。男子憧れの職業や。ワシは監督になれたんやから幸せやな

画面上部の赤いボタンを押すと名言をシャッフルできます