野村克也 名言集

「一日3ゲーム」を自分に課していた

1ゲーム目は、試合前に頭の中で完全試合をイメージする「予測野球」。2ゲーム目は、実際の試合の「実戦野球」。そして3ゲーム目は、試合全体をもう一度振り返り、予測野球(理想)と実戦野球(現実)の差を検証して次に活かすための「反省野球」である。

タグ:, ,

こちらの名言もどうぞ

野村克也 名言集

続きを読む

プロとは、自分の才能だけではとうてい追いつくことのできない、恐ろしい世界

野村克也 名言集

続きを読む

捕手は「疑い屋」であれ

野村克也 名言集

続きを読む

いくら自分では個性的だと思っていても、他人がそれを認めなければ単なる変わり者

野村克也 名言集

続きを読む

監督業とは“気づかせ屋”

NomuraBOT_mini

続きを読む

仕事と人生は直結している

野村克也 名言集

続きを読む

「チームのためにヒットを打つ」と「ヒットを打つことがチームのためになる」は明確に違う

NomuraBOT_mini

続きを読む

仕事をこなすことで、頭も神経も体も使う。仕事=健康管理である

野村克也 名言集

続きを読む

地位が人をつくり、環境が人を育てる

野村克也 名言集

続きを読む

弱いチームに長くいると、経験という糧を蓄えることができない

野村克也 名言集

続きを読む

今まで私が監督をつとめた南海、ヤクルト、阪神、楽天の4チームには共通点がある。それは、「どのチームも最下位になったとき私に監督就任を依頼してきた」ということである

画面上部の赤いボタンを押すと名言をシャッフルできます