野村克也 名言集

快足なのに、なんで捕手をやっているんだ。ミットをよこせ。オレが買ってやるから、その金でグラブを買え

「飯田からミットを取り上げたんや。キャッチャーより外野の方が向いとった。適材適所や。キャッチャーのままだったら、こんなに活躍しとらんやろ」飯田哲也は1986年ドラフト4位でヤクルト入団。当時は捕手だったが、野村が監督に就任すると、足が速い飯田は野手へコンバートされ、中堅手として成功をおさめた。

タグ:,

こちらの名言もどうぞ

野村克也 名言集

続きを読む

名選手は感覚で理解しているから、指導者になってから言葉を無視しがち

野村克也 名言集

続きを読む

「真似る」を「学ぶ」まで進めよ

野村克也 名言集

続きを読む

中途半端な安定を手に入れている選手ほど、変わることを怖がるものである

野村克也 名言集

続きを読む

好かれなくてもよいから、信頼はされなければならない。嫌われることを恐れている人に、真のリーダーシップは取れない

野村克也 名言集

続きを読む

負けない戦い方。弱いチームにはこれしかない

野村克也 名言集

続きを読む

中心なき組織は機能しない

野村克也 名言集

続きを読む

“努力した”と言われたり、自分で言うのも、好きじゃないんや…。プロとして、努力をするなんて当たり前のことやからな

野村克也 名言集

続きを読む

人には、当人も知らないような才能や技術が隠されている

野村克也 名言集

続きを読む

目的意識を持つと、今の自分と理想の自分の間に、どれくらいの差があるかが明確になる

野村克也 名言集

続きを読む

「自分は運が悪いなあ」と嘆くのは簡単。しかし不運(よい結果が出ない)には必ず、それなりの理由がある。そして幸運にも、それ相当の過程がある

画面上部の赤いボタンを押すと名言をシャッフルできます