野村克也 名言集

“勘”というと一般的になんとなく曖昧なもののように思われるけど、習練を積み重ねたところから生まれる“勘”というものは、科学も及ばない正確性、適格性を持っている。そこに人間の習練の尊さというものがある

1963年、シーズン最終戦の最終打席。野村は当時の日本新記録となる52号本塁打を放った。その試合を振り返って。「ホームランなんて狙って打てるものではないが、あのときだけは狙った」と野村。「第六感」と「ヤマ勘」は違う。第六感は執念のヒラメキ。

タグ:,

こちらの名言もどうぞ

野村克也 名言集

続きを読む

チームに受け継がれていく財産が「伝統」という何事にも替えがたい無形の力になる

野村克也 名言集

続きを読む

リーダーシップとは方向を明示する力

野村克也 名言集

続きを読む

耳は大なるべく、口は小なるべし

野村克也 名言集

続きを読む

単純な作業を続けることは簡単ではない。素振りなんて面白くもなんともない。ただ辛いだけ

野村克也 名言集

続きを読む

カウント3-2の場面で、ボール球を投げさせて勝負する。それが配球の妙

野村克也 名言集

続きを読む

人生は「忍」の一文字。人生に四耐あり。苦(四苦八苦) 労(心労、疲労) 冷(世の中は冷たい、人を頼らない) 閑(相手にされず、どうにもならない時期)

野村克也 名言集

続きを読む

ほら、考えて。仕事というものは、考えてやるものだよ

野村克也 名言集

続きを読む

弱者は頭を使うしかない

野村克也 名言集

続きを読む

一に準備、二に準備

野村克也 名言集

続きを読む

「開き直り」とは、その瞬間に自分の持っているすべてを出しきり、燃焼すること

画面上部の赤いボタンを押すと名言をシャッフルできます