野村克也 名言集

「チームのためにヒットを打つ」と「ヒットを打つことがチームのためになる」は明確に違う

「一本でも多くヒットを打ちたい」「一勝でも多く勝ちたい」と考えるのは正しい。しかし、それが「自分の成績を伸ばすことでチームに貢献する」と変換されてしまってはいけないのだ。「チームのために成績を伸ばす」とならなければいけない。前者は「チームより自分優先」であり、後者は「自分よりチーム優先」といえるからである。「チームのためにヒットを打ち、勝ち星をあげる」「自分の記録よりチームの勝利」、まずはそれを念頭に置き、その結果、自分の成績も伸びるかたちになるべきなのだ。

タグ:,

こちらの名言もどうぞ

野村克也 名言集

続きを読む

「なぜ」にはじまり、「なぜ」に終わる

野村克也 名言集

続きを読む

いくら自分では個性的だと思っていても、他人がそれを認めなければ単なる変わり者

野村克也 名言集

続きを読む

選手の調子や結果によって褒めたり、方針を変えたり、あるいはその選手の適材適所を見誤ったりすれば、育成は中途半端になる。プロ社会において、中途半端は選手を骨の髄まで腐らせてしまう

野村克也 名言集

続きを読む

思考が人生を決定する。考え方が取り組みになり、人間形成となる

野村克也 名言集

続きを読む

キャッチャーとして自分の能力を高めたいなら、投手陣が弱いチームを選ぶことが大切になる

NomuraBOT_mini

続きを読む

人生の基本となるのは「感謝」である

野村克也 名言集

続きを読む

努力をするにも才能が必要

野村克也 名言集

続きを読む

人間は、存在感と価値観で生きている。彼はオレの存在感を下げた男。彼がいなきゃ、オレはすべて一番だった。だからと言って憎いんじゃない。これが実力の、プロの、競争の世界。負けは負けで認める

野村克也 名言集

続きを読む

大きな実績を残している組織は、礼儀についてもしっかり教育しているし、礼儀をきちんとわきまえた人間は、仕事においても立派な結果を出すもの

野村克也 名言集

続きを読む

指導とは「叱る」「褒める」のテクニック

画面上部の赤いボタンを押すと名言をシャッフルできます