野村克也 名言集

「真似る」を「学ぶ」まで進めよ

野村が打撃の神様・川上哲治のスイングを真似しようと見ていると、川上は前かがみになって、柄杓で水を撒くような低めの素振りを繰り返していた。なぜそんなことをするのか、実際に真似てみて気がついた。「きっと下半身の使い方を身体に覚え込ませているのだ」。ただ真似るだけではなく、その人はどうしてそうしているのか、どこがいいのか、どうすれば自分にピッタリ来るのかを考えることで、「真似る」を「学ぶ」にまで高めることができる。

タグ:, ,

こちらの名言もどうぞ

野村克也 名言集

続きを読む

読書は博学なる人をつくり、会話は機敏なる人をつくり、筆記は確実なる人をつくる

野村克也 名言集

続きを読む

おのれを知れ

野村克也 名言集

続きを読む

一人前になれば、周囲からの要求は当然高くなる

野村克也 名言集

続きを読む

「もうダメだ」とあきらめてしまえば、それ以上の成長はない。「どうすればこの状態を突破できるか」と考えることができれば、必ず道は拓ける

野村克也 名言集

続きを読む

130キロ台のボールしか投げられないピッチャーが、150キロ台のボールを投げようと努力するのは、間違った努力である。同様に短距離バッターがホームラン数を増やそうと努力するのも、間違った努力である

野村克也 名言集

続きを読む

一人で練習すると、自然に「考える」ことが発生する。「何をどうするのか」「本当にこれでいいのか」工夫し、自問自答する。それが勝負のための必須条件とも言える「読み」を育ててくれる

野村克也 名言集

続きを読む

「誰かが見ている」という意識をいつも忘れなければ、おのずと何事にも全力で取り組むようになり、毎日を無為に過ごすことはなくなる

野村克也 名言集

続きを読む

弱いから派閥ができるのか、それとも派閥ができるから弱いのか。いずれにせよ、派閥が存在するようなチームが強いわけがない

野村克也 名言集

続きを読む

男のケチは人格を疑われる

野村克也 名言集

続きを読む

仕事とは何か? なぜこの仕事をしているのか? どんな人生を送りたいのか? こういった本質を考えることで、問題意識を持つ習慣が育っていく

画面上部の赤いボタンを押すと名言をシャッフルできます