野村克也 名言集

人間は、存在感と価値観で生きている。彼はオレの存在感を下げた男。彼がいなきゃ、オレはすべて一番だった。だからと言って憎いんじゃない。これが実力の、プロの、競争の世界。負けは負けで認める

王貞治について。1973年、通算本塁打563号で王に並ばれ、74年には先に600号を更新された。憧れの巨人で活躍する王は、まぶしい存在だった。

タグ:,

こちらの名言もどうぞ

野村克也 名言集

続きを読む

人間は、最後には自分の身一つで勝負していかなければならない

野村克也 名言集

続きを読む

戦いには、気機(指揮官と兵士の闘志)、地機(天地の利)、事機(組織としてのまとまり)、力機(戦力)の四つがある。その中で最も重視されるのは、気機である

野村克也 名言集

続きを読む

人の値打ちは失敗から立ち上がるかどうかで決まる

野村克也 名言集

続きを読む

私も毎日素振りは欠かさなかったが、王の素振りに比べれば、私のそれなんて遊びも同然だった

野村克也 名言集

続きを読む

プロは技術的限界を感じてから、本当の戦いが始まるのだ

野村克也 名言集

続きを読む

私は中途半端な選手が嫌いだ

野村克也 名言集

続きを読む

トップに立つ人間、すなわちリーダーの考え方が組織の浮沈のカギを握っている

野村克也 名言集

続きを読む

手抜きをしないことこそ、一流選手への条件

野村克也 名言集

続きを読む

自己を過大評価した瞬間から、思考の硬直が始まる

野村克也 名言集

続きを読む

「個の力」に頼ったチームは、選手の力が落ち始めるとチームの成績も低下する

画面上部の赤いボタンを押すと名言をシャッフルできます